次世代のED治療薬として注目を浴びつつあるアバナの特徴と使い方

ED治療薬は勃起不全に悩む男性の強い味方として知られていますよね。

最後まできちんとできて中折れをする心配も無ければ早漏改善効果にも期待が出来るということもあって一度試したらその効果を実感することが出来ると思います。

医療の世界は常に人の役に立っており、多くの人を救っており、日々新しい医薬品が開発されているのです。

そんなED治療薬の世界も日々進化をしていてバイアグラ・レビトラ・シアリスの三つを三大ED治療薬とも言われていますが、新しい薬が開発されているのです。

それが主成分アバナフィルを含有した『ステンドラ』というED治療薬です。

このステンドラは当初、田辺三菱製薬が開発して2001年の2月に田辺三菱製薬がアメリカのVIVUS社(ヴィヴス)製薬に日本とアジアの一部を除いた全世界での開発や販売権を許諾したことによってヴィヴァス社が販売開発元となったという経緯があります。

元々日本の製薬会社がアバナフィルを開発していたということでアジア人の体型に合った副作用の少ないED治療薬として今注目されています。

世界の人口が増えているのはインドや中国をはじめとしたアジア人が増加しているわけですからアジア人の体型に合ったED治療薬が作られたのです。

そんなステンドラは日本ではまだ処方されていませんが、アジア諸国はもちろんのこと世界中で販売されており、お隣の韓国などでも普通に処方されているほど認知されているのです。

そのステンドラの特徴は他のこれまでに発売されたED治療薬のいいところを組み合わせたような特徴を持っています。

レビトラのような即効性を持ちながら、シアリスのように食事の影響を受けづらく、副作用も人によってはかなり出づらいというのがあります。

レビトラの場合は即効性はあるけれど食事制限を受けやすいというネックがありました。

シアリスは食事の影響は受けづらいですが、即効性が無いため咄嗟の対応が出来ないというデメリットもあります。もちろんシアリスは即効性は無い代わりに遅効性の薬で持続作用時間があるというほかにはない特徴もありますが、即効性があり、かつ食事の影響を受けないということでレビトラよりもさらに使いやすさが増したのではないでしょうか?

ステンドラは日本ではまだ未承認薬ではありますが、世界各国で使われており、2012年にアメリカのFDA(アメリカ食品医薬品局)の承認を受け販売がスタートしており、ジェネリック医薬品でさえ製造・販売されています。

ステンドラのジェネリック医薬品として有名なのがアバナです。

ステンドラを使うよりも同等の効果があると認められているジェネリック医薬品のアバナを利用したほうが金額的にも安くお試しとして利用しやすいですよね。

1錠あたりの金額はステンドラが1錠あたり約1,350円~1,500円ぐらいですが、アバナの場合は約500円~600円ということで半分以下で購入できるというメリットがあります。

ですのでジェネリック医薬品のアバナのほうを購入するほうがオススメできますし、ステンドラよりももはやアバナのほうが有名になっています。

次世代のED治療薬を試して見たいという人は購入してみましょう。

服用方法は1日1錠で服用したら24時間以上空けましょう。

空腹時の場合は性行為をする大体15分前から効果が現れるという人もいますが、大体20分前ぐらいから効果を発揮し始めます。

また食事の影響は受けづらいといっても大体800kcal以内で脂質が30%未満に抑えないとさすがに効果は発揮されづらくなります。

大体牛丼1杯程度を目安としてください。

そしてどのED治療薬にも共通することとして、空腹時のほうが効果を発揮するということです。

効果時間はバイアグラと同じように4時間から5時間効果を発揮しますので慌てる必要はありません。


アバナ100mgを購入する

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする