40代以上の男性の強い味方!ED治療薬のジェネリック医薬品

ED治療薬のみならずジェネリック医薬品全般が日本でも定着してきて多くの人に認知されてきました。

ジェネリック医薬品によって医療保険によって国が財政難を緩和してくれているので国も推奨しています。

ジェネリック医薬品というのは様々な種類が発売されています。

当然その中の1つとしてED治療薬も販売されているのです。ジェネリック医薬品の素晴らしい点は先に発売された新薬(先発医薬品)と同じ成分が配合されて同等の効果をもたらすと認められて発売されています。

そして先に発売された新薬の半額以下で購入することが出来るということもあり、利用する側もお得なのです。

そんなジェネリック医薬品について詳しく説明すると共にオススメのED治療薬のジェネリック医薬品について説明します。

ジェネリック医薬品って何?

そもそもですが、ジェネリック医薬品というのはどういったものなのかと言うと、新しい薬と認められた医薬品は20年以上は独占的に販売する特許を得ることが出来ます。

その特許が切れると他の医薬品製造メーカーなども作って良いのですがそれがジェネリック医薬品に当たります。ジェネリックというのは「後発的な」という意味も持つのです。

後に生まれた薬と言うことでジェネリックと呼ばれて世界共通語でもあります。

ジェネリック医薬品はなぜ安い?

ジェネリック医薬品は先に発売された新薬よりも安いですよね。半額は当たり前で3分の1で売られていることも珍しくありません。

なぜ安いのかと言うと薬の開発費をグッと抑えることが出来ます。

通常新薬を作ろうと思ったら莫大な予算とお金がかかります。新薬の開発に10年以上かかることも珍しくないですし、予算にいたっては100億円以上かかることも珍しくないのです。

新しい薬を開発するにはそれだけお金も時間もかかります。

しかし、ジェネリック医薬品の場合は開発費は10分の1程度で済みますし、開発期間に関しては3年~5年ぐらいと圧倒的に開発期間も予算も下げることが出来ます。

だからこそジェネリック医薬品は新薬よりも安く販売されています。

それでも新薬として知名度が抜群のため多少高くても先発医薬品を使いたいと言う人もいますよね。

ブランド力があるから先発医薬品を使いたいと言う人もいるので使い分けている人もいますが開発費が安い分、販売する金額も安いのは当然ですよね。

ジェネリック医薬品は効かない?

よくジェネリック医薬品は消費期限が切れた医薬品だから効果がないみたいな噂が出回りましたが、それは間違いです。

正しくは特許期間が切れた医薬品です。

先ほども書きましたが、ジェネリック医薬品で注目をして欲しいのがジェネリック医薬品であろうとも開発期間に3年~5年かかる点です。

もちろん薬が開発されたら全ての成分や技術を公開しなければいけません。そのために独占的な販売が認められているわけです。

技術も成分も全て公開されているのにも関わらずジェネリック医薬品が発売されるまでにかなりの長い期間が設けられています。それだけジェネリック医薬品と言えども厳しい審査や基準が設けられているということは頭に入れておく必要があります。

主にジェネリック医薬品の審査としては3つあります。

生物学的同等性試験・・・
同じ人が新薬と開発中の薬を飲んで同じような効果を得られるかどうかの試験
溶出試験・・・
新薬と開発中の薬が同じように溶けるかどうかの試験
安全性試験・・・
品質を厳しく管理するための試験

このような試験をしっかりと厳しい基準で持って試験をクリアしているものがジェネリック医薬品として認められるのです。

効かないと言うのは正しい服用方法を取っていなかったからとか、最初からジェネリック医薬品は効かないと言うデマを効いて半信半疑になっていたとかです。

風邪薬とかでも適当に服用したり薬だから身体にいいんでしょ?“医薬品だから”といって適当に服用してしまっている人が多いです。

そういった服用をしていれば効果が見込めないのも効果がないのも仕方が無いですよね。

正しい服用をするようにしましょう。

ED治療薬にもジェネリック医薬品がある

世界で最も有名な医薬品の1つであり、男性にとってまさに夢のような薬と発売当初は言われたED治療薬の代表格であるバイアグラは発売当初から瞬く間に異例のスピードで世界中に広まっていきました。

当然ながら多くの利用者がいますし、ED患者と言うのは年々増加傾向にあります。そんなED治療薬はこれからもますます必要となる薬なのですが、そんなED治療薬のもジェネリック医薬品は当然あります。

バイアグラのジェネリック医薬品に関しては特許が切れたので日本でも多くの企業が参入してきており、最新のものだとOD錠と呼ばれる「口の中で溶けるお薬」なども発売されていて水なしで服用することも出来ます。

他には味がついていたり、飲みやすく小型化されていたりと企業ごとに工夫されています。

もちろん値段も安く販売されているのが特徴です。

ただし、色々な種類が豊富に存在をしているのでどれを選んでいいのか分からないと言う人もいますし、今は医薬品個人輸入代行サイトを利用すれば自宅にいながらわざわざ病院に行かなくてもクリック1つで自宅まで届けてくれるサービスもあり、まとめて購入すれば安く手に入る時代です。

日本ではまだ入手できない先進医療国の最新の薬も手に入ると言うこともあり、積極的にED治療薬のジェネリック医薬品を購入するようにしましょう。

カマグラゴールド100mg


カマグラゴールド100mgはバイアグラのジェネリック医薬品としてとても有名なED治療薬と言えるでしょう。

バイアグラ100mg自体が日本の病院では処方されずに日本で発売されているジェネリック医薬品も100mgは販売されていません。

しかし、医薬品個人輸入代行サイトを利用すればバイアグラ100mgのジェネリック医薬品を手に入れることが出来ます。

1錠あたりの値段もまとめて購入すれば1錠あたり145円で購入できますし普段は50mg錠でも十分効果が得られると言う人は100mg錠をピルカッターなどで半分に割って使用すれば1錠あたり約70円ちょっとという計算になり大変安いです。

今までバイアグラを服用していた人は是非ともバイアグラのジェネリック医薬品であるカマグラゴールド100mgを購入してみましょう。


カマグラゴールド100mgを購入する

バリフ20mg

レビトラは即効性があり、非常に使いやすいED治療薬です。最短10分で効果が現れ始めたと言う人もいるほど早く効くと評判のED治療薬です。

かばんや財布に1錠携帯しておくだけでいつでもどこでも利用できると言うことで非常に使い勝手がいいED治療薬ですが、1錠あたりの値段も大体1,500円~2,000円かかりますので経済的にも負担がかかりやすいですよね。

しかし、医薬品個人輸入代行サイトの場合、日本では処方されていないレビトラのジェネリック医薬品を購入することが出来ます。

レビトラのジェネリック医薬品として有名なバリフは1錠あたりの値段もまとめて購入すれば最安値で1錠あたり140円、ペットボトル1本分で購入できます。
※レビトラのジェネリック医薬品に関してはもう製造はされておらず、販売されているものや在庫品までの販売となっています。

これは世界的にレビトラのジェネリック医薬品の製造が中止になったことを受けたためであり、早めに購入しておくことをオススメします。


バリフ20mgを購入する

メガリス20mg


メガリスはED治療薬(PDE5阻害薬)のシェア率が2013年に42%を超えて世界シェア率NO.1にも選ばれたシアリスのジェネリック医薬品です。

シアリスのジェネリック医薬品も日本の病院では処方されておらず、処方されるのはかなり先の話と言われています。

そんなシアリスのジェネリック医薬品も簡単に購入することが出来ます。シアリスのジェネリック医薬品として有名なメガリスでは1錠あたりの値段はまとめて購入すれば230円、通常でも650円程度で購入できるので最大で9分の1程度で購入できてしまいます。

シアリスは1錠あたりの値段が高くシアリス20mg錠で約1,800円~約2,000円ほどかかり高額です。ジェネリック医薬品ならばかなり安く購入できるのもメリットとしてあります。

シアリスを試してみたかったけれど高くて手が出せなかったと言う人にも是非お試しに使用してみるのとこれからの継続利用でも金銭的にもかなり抑えられるので医薬品個人輸入代行サイトを利用して見ましょう。


メガリス20mgを購入する

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする