男性の性欲減衰を防ぐ為の性欲を増進させる食材

中国の薬食同源思想から着想を得て日本には“医食同源”という言葉がありますよね。

日頃からバランスの取れた美味しい食事をとることで病気を予防し、治療しようとする考え方であります。

年齢を重ねれば重ねるほど男性というのは性欲自体に衰えが出てきます。性欲がなくなってきたことに対して初期の老化現象なのか俺も歳を取ったなぁ~。年齢には勝てないなぁ~って思わないで下さい。

男は80歳でも現役の方もいますし生物学てきにも、生涯現役は可能と言われています。

どれだけセックステクニックを向上させても結局自分自身の性欲が衰えてしまったら何の意味もありませんよね。

特に性欲というのは食べ物からアップをする事が可能ですから性欲を増進させる食材をしっかりと把握して積極的に取り入れることでいつまでも性欲漲る男らしい人になれるわけです。

モテる要素の1つでやはりがっつく力があるかどうかが関わってきますので是非とも性欲を増進させる食材を覚えておきましょう。

なぜ性欲は衰える?

男は30代からとも40代からとも言われていますし、昔より10歳は若いといわれている現代人の中で性欲というのは衰えないで欲しいですよね。

男として旬を迎えるのにも関わらず性欲が衰えてしまうのは何で?って思ってしまいますよね。

性欲というのはテストステロン(男性ホルモン)が関わっており、年齢と共に減少していってしまいます。

出典:堀江重郎(2009)『ホルモン力が人生を変える』小学館

10代なんていうのは性欲が有り余るほど会ったものが30代を超えて40代になると全然ムラムラしなくなりセックス自体にそこまで興味を示さないという人もいます。

年齢を重ねれば重ねるほど減少はしていきます。これは仕方の無いことです。ですが、なるべく性欲をアップさせる食材を取り入れることでその減少を遅らせたりすることも出来るのではないでしょうか?

また10代や20代前半の若い世代でも今は性欲減衰、勃起不全に悩んでいる人も多いと言われています。

その理由も食生活の偏りが原因だといわれています。

インスタント食品だったり、脂質の多いものやコンビニの食事やお菓子ばかり食べていたりするのはいけません。

食品添加物が非常に多く含まれています。この食品添加物には男性ホルモンを抑制させる働きや、精子の原料となる亜鉛の働きを阻害させる効果があります。

昔と比べて今の20代男性の精子の量は40代男性の半分しかないというデータもあります。それだけインスタントの食事やスナック製品には食品添加物が多く含まれているのです。

食生活の見直しをしないと若い人でも気をつけないといけないというのが良く分かると思います。

また偏った食事をした状態で運動不足や寝不足などによってよりテストステロンの量が下がると言われています。

性欲増強に効果がある食材ベスト10

食事がいかに大事であることがわかったと思いますし、食事というのは今すぐに変えることが出来るものでもありますよね。

ですからここではしっかりと性欲増強に効果がある食材をまとめて紹介します。

アボカド


アボカドは睾丸と呼ばれるほど精力増強をアップさせるフルーツです。野菜と勘違いしている人もいるかもしれませんが、フルーツです。

アボカドにはビタミンEを多く含んでいて成人男性の1日に必要な摂取量が1個半で補うことが出来る優れた食材です。

ビタミンEには脳の血行を改善して男性ホルモンの分泌を活発にさせて男性ホルモンの分泌を促す効果があります。

アボカド専門店が出来てきて手軽にスーパーなどでも売られています。

ごま


ゴマは漢方の世界では広く知れ渡っていますが、血行を良くする鉄分や精子を作る上で欠かせない亜鉛などのミネラルがたっぷりと含まれて居ます。

また精力減衰の大きな原因となる下半身の血行不良の改善に効果的なリノール酸やオレイン酸も含まれていて血液をサラサラにして血行が良くなり勃起しやすくなります。

EDの人や中折れをしてしまう人が取り入れておきたいですよね。

牡蠣


海のミルクと呼ばれていて亜鉛が豊富な牡蠣は精力回復には欠かせません。

精力増進に効果がある食材といえばまず挙げられるのがこの牡蠣ですよね。

亜鉛にはマグネシウムが多く含まれていて勃起不全の致命傷と呼ばれている神経系の働きを良くしてくれてます。

また非常に栄養も豊富で2~3個食べただけで十分な栄養を摂る事ができます。

他にもタウリン、グリコーゲン、鉄などもバランスよくさらにたっぷりと含まれていて性欲増強の食材としてはトップクラスの食材です。

特に亜鉛に関しては含有量がトップクラスなので積極的に摂っておきたい食材です。

豚レバー


レバーは鉄分が豊富であり、血液の働きを助けてくれます。特に豚レバーは栄養価が高くて精力増強に役立つ亜鉛も豊富に含まれているだけではなくてたんぱく質やアミノ酸、ビタミンA、ビタミンB1など精力を向上させ、滋養強壮効果を補助するのに必要な栄養素が豊富です。

調理方法としては決して生では食べずに牛乳に浸して加熱するようにしましょう。

納豆


国民食であり、朝食で多く食卓に並ぶ納豆は言わずと知れた健康食材ですよね。

納豆は畑の肉と呼ばれる程の健康食材で大豆を加工した食品ですが、大豆が納豆になる事にナットウキナーゼと呼ばれる酵素が血液をサラサラにして動脈硬化という血管の疾患を予防してくれて血管を守ってくれます。

他にも整腸作用があったり、精力を減衰させる効果があることも知られています。血管浄化作用と、血管を保護する作用の二つが精力減退を予防してくれます。

納豆の食べ方として最初に納豆のたれとからしを入れてしまう人がいますが、間違いです。

まずは最初にしっかりと粘り気が出て箸でかき回せるのが大変に思うぐらいに混ぜます。

その後に納豆のたれとからしを入れるようにしてください。納豆はかき混ぜることでナットウキナーゼが多く出てきます。

にんにく


疲労回復効果に絶大な力があり、亜鉛をはじめとしたアリシン、カルシウム、カリウムなど多くの栄養が含まれています。

血管拡張作用のあるアリシンはビタミンB1と結合することで神経系を刺激してペニスの勃起を促進してくれます。

にんにくは摂り過ぎてしまうと腸内環境を悪化させてしまうだけではなくて善玉菌を減らしてしまいますので摂り過ぎには注意をして火を通して摂取するように心がけましょう。

1日の摂取量の目安は2~3欠片が目安です。

また摂りすぎると口臭などにも性行為時に相手に不快な思いをさせてしまうので摂り過ぎには十分注意しましょう。

ニラ


にんにくと同じアリシンが豊富に含まれている食材がニラです。

また強い殺菌作用があり、ウイルスや細菌から守ってくれる効果が期待できます。

ビタミンB1の吸収を助けて働きを促進して糖質を効率よくエネルギーに買えてくれます。滋養強壮疲労回復に効果があると言われていてニンニクに匹敵するほどの精力野菜と言われています。

ニラにはそれ以外にも様々な成分が含まれていてビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンC・ビタミンE、ビタミンKや、カリウム・鉄・リン・マグネシウムなどのミネラルの他、食物繊維などの栄養成分も含んでいます。

整腸作用や冷え性改善など非常に素晴らしい食材と言えるでしょう。

生姜


生姜は昔は薬として扱われていたほど重宝された食材であり、体内を温めてくれる冷え性などにも効果があることが認められている食材としても有名ですが、精力増大効果も期待があります。

生姜に含まれるジンゲロールという成分が血行を良くする働があり、血の流れをよくしてくれてます。

毎日摂取るすることが難しいという人はジンジャーエールなどを飲んだりしましょう。コーヒーをジンジャエールにかえるだけで全然変わってきます。

しかし、砂糖の量が多いジュースなどを飲みすぎると糖質を過剰に摂取してしまうので無糖のものを飲んだり、甘さ控え目のものを飲むようにしてください。

ウナギ


昔から滋養強壮といえばウナギですよね。よく妻から夜誘う時に会えてウナギを出してそれが“今日はOK”のサインだ!みたいなこともありました。

絶倫食の代名詞であるウナギにはビタミンA、ビタミンB、ビタミンE、亜鉛など、精力増進に効果が期待できる栄養成分をふんだんにバランスよく含まれています。

山芋

山芋のネバネバ成分は、食物繊維のムチンと呼ばれる成分があり、滋養強壮や粘膜を保護したり、体内でたんぱく質を無駄なく活用させる効果があります。

疲労回復効果もあり、男性の精力アップの食材では定番ですよね。

山芋の滋養強壮に効果があると言われていたのは現代社会ではなくて古くから言われていました。

バランスのいい食事を心がける

今まで偏った食事をしていた人はバランスのいい食事をすることを心がけましょう。

まずはスナックやコンビニ食などをやめて健康に気を使った食事を摂りましょう。若いときの不摂生が一気に30代後半、40代に襲い掛かると言われていますので今は健康で大丈夫だという人もバランスのいい食事を摂りましょう。

また今紹介したものばかりを摂れば良いというものではありません。他にもお茶や魚や緑黄色野菜などを取り入れることも大切です。

積極的に摂りつつバランスのいい食事を心がけましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする