40代夫婦の多くはセックスレス?その理由と解消法は?

大好きな人と結婚をしたのにも関わらず気付いたら毎日顔を合わせるだけの同居人という関係に陥っていたりする人もいれば子供が生まれて毎日幸せな日々を送ってはいてもなんだか夫婦の仲は友達のようで昔のようなラブラブって言うわけではないというところも多いですよね。

結婚をして子供が出来ると特にセックスレスになってしまうという夫婦は多く夫婦の47%がセックスレスと言われており、40代以上の夫婦になるとおよそ59%が実はセックスレスだと言われています。

半分以上の夫婦がセックスレス生活を送ってしまっています。

ちなみにセックスレスの定義としては色々とラインがあるかもしれませんが、約1ヶ月以上性行為をしない関係が長期にわたって起こり今後も予想される夫婦のことを指します。

何だか子供が出来てからはもうセックスをする気になれないとか、仲はいいけれど恋人気分ではないなかぁ~って言う人も少なくありません。

今は世の中には不倫や浮気などが頻繁に行われています。自分の嫁に限ってそんなことはしないと思っているかもしれません。

しかし、多くの人が浮気や不倫が行われているのが現状としてありますので男女関係無く他で発散なんてして欲しくないって思っているかもしれませんが、セックスレスの関係であればそんなことは言ってられませんよね。

浮気なんてするな!って思っている人もいるかもしれませんが、大切なのは浮気をさせないでセックスレスを解消するようにする対処法を学ばないといけません。

今はセックスレスを解消するためにはどうすればいいのかを説明していきます。

セックスレスで離婚の原因に

もう夜の行為もなくなって何年にもなるという人もいると思います。

セックスレスになってしまったのは家庭を築いて子供が出来てしまってなることが多いといいますが、やはりセックスというのはとても男女間では重要なものであり、夫婦の愛の確認だったり、普段言えないような「大好きだよ」とか「いつも感謝している」という言葉もセックス中だったら言えるということも多いです。

人は言葉で言わないと伝わらないものです。その言う機会を失っているわけですから気持ちにズレが生じてしまったりすれ違いが生まれてしまいますよね。

また喧嘩をして仲直りをしたけれどまだちょっとギクシャクしているなぁ~ってときでもセックスがキッカケでその時のお互いに不満だったり、思っていることを素直に言えるのでお互いの考えを理解することが出来るのです。

まさに裸のお付き合いといった感じで夫婦のコミュニケーションの場にもなります。

もちろん子供を出産して育児に翻弄される毎日であれば女性からしてみればセックスをする気力も体力もないので当然旦那から求められてもその不満よりも睡眠不足の不満のほうが大きいと思うことでしょう。

そういった育児に全力で向かい合っているときというのは必然的にセックスレスになるのは仕方がないことであり、むしろ男性も積極的に育児に参加をするようにしましょう。

育児の時に旦那も積極的に行ったかどうかで後々まで女性は引きずったりするもので、その時のストレスから夜の営みを拒んだり、そういった雰囲気させないようにする女性も居ます。

コミュニケーションの場がなくなり、本音を言える機会が無くなったりすることでどんどんお互いに溝が生まれてくるものです。

そして隣の芝生は青いと勘違いをして浮気や不倫に走ってしまったりします。

セックスレスの夫婦と月に1度はなんだかんだ言いながらセックスをしているという夫婦では全然離婚率や仲の良さが違うと言われています。

またセックスレスが原因で離婚に至るということも珍しくありません。

たかがセックスレスと思っていると後で取り返しのつかないことにもなりかねませんので気をつけましょう。

男性が断る理由

男性が夜の営みを断るというケースも増えてきています。女性から積極的にお誘いをしても男性は仕事が疲れてしまったとか、明日もまだ早いからといってすぐに布団にもぐりこんでしまって性行為をすることにすら興味が薄れてしまっている人が居ます。

たしかに男性は30歳からどんどん性行為に対して興味がなくなってきますし、性に対して興味がなくなると言われています。

またいつも一緒に居る人ではなかなか性的欲求も沸いてこなくなり、それが当たり前となるとEDとなってしまいます。

一度性行為をして途中で中折れをしたり最後まで出来なかったりすると男性の場合は次は無事に出来るのかな?って思ってしまって性行為を無事に終えることが出来るかどうかに気持ちが行ってしまいがちです。

そのため性行為に対して苦手意識が生まれてきてしまう人が居るのです。

ED治療薬を使うほど別にセックスをしたくないし、別にこのままでいいかな?って思ってしまう人もいるわけです。

またEDになってしまったことが恥ずかしくてなかなかパートナーに打ち明けられなくてそのままにしてしまう人もいます。

ですのでまず旦那が疲れていたら「精」の付く食べ物を振舞ってあげたり、たまに膝枕やマッサージなどをして旦那さんと立ててあげたりしましょう。

男というのは女性から褒められたりするとやる気が大きく漲るものですし、この人のために頑張ろうという気持ちになります。

男性を立てるということが一番の解消法になると言えるでしょう。

また結婚をして裸で歩いていたり、恥じらいが無い行動をしていませんか?やはりだらしない行動を取っていれば当然男性も性的欲求が沸かなくなってしまいますので女性としての品を持つようにしましょう。

そして途中で中折れしてしまい最後まで出来なくても、久しぶりにしてくれてありがとう!こうやってイチャイチャできるだけでも幸せという言葉を伝えてあげたら男性もホッとするものです。

女性が断る理由

女性が断る理由として挙げられるのは家事や育児に疲れてしまっているということです。

女性の場合は結婚をして子供が出来れば家庭に入る人も多いですよね。そこから毎日育児と家事の両立でものすごい大変な日々を送っています。

幼稚園や保育園に預けたとしてもパートに出かけたり、家事をしたりして毎日が大変ですよね。

一日も休みが無い状態で疲れきっているため夜の営みまでしていられないというのが本音なのでしょう。

まずはゆっくりと休みたいという気持ちがあるので夫はまずは妻に十分な休息を与えてあげることが大切なんです。

また女性の場合は妊娠をして出産をするとほとんどの人が体型が崩れてしまいます。また妊娠線が出来てしまったりと自分の身体が見られるのが恥ずかしいと思っている人もいるわけです。

ゆっくりと休息させてあげるのと共に性行為中は光を消したりするなど配慮をもつようにしましょう。

また普段からボディタッチやキスなどをしたりとスキンシップを取るようにしましょう。

話し合いの場を持つ

セックスレスというのは男女どちらか一方が改善されたらなるというものではありません。

やはり話し合いを重ねることが大切です。夫婦の離婚率が上がるんだってとか色々と話をしていくうちにレスを解消するキッカケになると思います。

浮気や不倫率が上がるからそれは嫌だ!と言ってもいいでしょう。

きちんと両方が話をすることが大切なんです。

週に1回とかなら大変だという人もいますが、月に2回ぐらいはやはり夜の営みをしていくことが夫婦円満の秘訣なのではないでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする