視覚効果抜群!女性を潮吹きさせるためには手と指を駆使して強弱をつける

AVなんかを見ると女性が膣内を手でいじくられて喘ぎ声を出しながら潮吹きしているのを見て興奮した男性も少なくないと思います。

出きる事ならば自分も愛する彼女や妻を潮吹きしてびちゃびちゃにしてみたいと思う人もいるでしょう。

ただし、いくら適当に膣内をいじくったからといって簡単に出るものではないですし、激しくかき回せすぎてしまうと膣内を傷めてしまって傷ついてしまって女性は痛みが生じてしまい気持ちよくならないですよね。

相手を気持ちよくさせたいと思っていたら絶対に無理やりがむしゃらにすれば良いというものではありません。

男性も女性から力強くペニスを握られたり、歯を立てられたりすると痛くて萎えてしまいますよね。

ですから力任せに行えばいいというものでもないんです。

またAV女優でよくあるようなすごい潮吹きをしている人がいますが、あれは男優のテクニックがものすごいわけではなくて体質です。

人によってはあれだけの激しい潮吹きをする人もいますが、あればあえて勢いよく飛び出るように女性も演出しているわけです。普通の人が潮吹きをしようと思ったらあんな風には出ずにチョロっと出たりする、手がビチョビチョに濡れるぐらいなど個人差があります。

全ての人が豪快に潮吹き出来ると言うわけではないということを覚えておきましょう。

ここではどのようにして潮吹きさせることが出来るかのやり方を説明します。

女性にとって潮吹きは気持ちいいのか?

そもそもの話ですが、潮吹き=オーガズムに達したと考えている人もいるかもしれませんが、ちょっと違います。

潮吹き自体に女性は快楽を感じるということはありません。

潮吹きというのは成分的にはオシッコと同じようなものです。

そして女性がセックス中に抱える悩みとしてはセックスの途中でオシッコにいきたくなります。よくセックスが終わった後に女性はトイレに行ったりしますよね。

それは膣内にある潮溜まりという部分が刺激をされるのでオシッコをしたくなります。

その潮溜まりの部分を刺激すると膀胱を押されるようになります。そしてそれが我慢できずに潮吹きとなって出て行くのです。

そのため潮吹きをすると女性はすごいスッキリとした快楽になるので、オシッコを限界まで我慢した後のスッキリした感覚がやってきてさらにオシッコをしたいという感覚がなくなるのでセックスに集中できるという意味で快楽がますのです。

よく潮吹きを得意とするセクシー女優なんかも撮影前には沢山のお水を飲んでおくという人もいるので感覚的にはとてもオシッコに近いといっていいでしょう。

開放感からスッキリという意味では快楽ですが、オーガズムとは違います。しかし、女性からしてみてもスッキリしたという部分よりも恥じらいだったり、ちょっと強制的に男性に力ずくで潮吹きさせられたという意味で興奮しているのかもしれません。

潮吹きさせる前の準備

潮吹きというのは基本的に女性の性器の膣内をいじくることになります。必ず爪を切りヤスリで磨いて丸くしておくようにしましょう。

体内をいじくるわけですから非常に敏感です。爪が伸びていたり尖っていたら痛みになります。

目安としては自分の口に中に手を突っ込んで膣内をいじくるように指を内側の頬周りをいじくってみましょう。この時にまったく痛みが無い状態だったらオッケーです。

少しでも尖っているなと思ったらしっかりと磨いて丸めておくようにしましょう。これは潮吹き以前に女性に対するマナーです。

他には部屋の明かりを落としてあげることが大切です。

明るいところで潮吹きをしたほうが興奮するから明るいところでしたいという男性も多いですが、明るいと恥ずかしいと女性も思ってしまいます。

ですのでほんのり近づいたらお互いの顔が見えるぐらいの明るさのほうが女性も安心できます。

また部屋の温度も暑からず寒からず適温で調整をするようにしましょう。

さらに潮吹きをするとなると布団がびちゃびちゃになってしまいます。そうするとどうしても女性は洗濯をしなきゃいけないとか余計なことを考えてしまいます。

例えばこれがラブホテルとか自宅以外ならばそこまで気にしないかもしれませんが、女性は汚したくないという気持ちが強くなるので事前にタオルなどを引いておいたりして準備をしておくことで汚すことも気にしないでいいので安心できます。

そしてセクシー女優なんかは潮吹きしなれているのである程度寝そべった状態で出来ることもありますが潮吹きしなれていない人はある程度45度ぐらいの角度が出やすいと言われているので背もたれに枕などの後ろに立てかけて身体を起こしてあげることが大切です。

何度も潮吹き出来たら徐々になれて枕なども必要なくなります。

潮吹きさせるテクニック

潮吹きさせる時にテクニックばかりに気を使ってしまいますが、やはり大事なのは信頼感です。

“この人にだったら恥ずかしくても全てをさらけ出せる”ぐらいの気持ちにしないといけませんのでいつも以上に愛の言葉をささやいて愛情表現をしっかりと言葉にして伝えるようにしましょう。

潮吹きというのは女性はお漏らしに似たような感覚です。とても恥ずかしいものと感じます。男性も女性の目の前でオシッコはできないですよね。それと同じ感覚です。

まずはその信頼感がないと女性は潮吹きは出来ません。

深い信頼感を作っていきましょう。

まずは先ほどいった通常の愛撫をしていき愛撫をしっかりと行います。いつも以上に念入りに愛撫をしたら45度の体制に持っていって中指を挿入してL字型の鍵型を形作ります。

膣内の入り口のすぐ裏手にあるぐらいの手間にGスポットはあります。

奥のほうにあると勘違いしていますが、かなり手前ですので勘違いしないようにしましょう。

最初はゆっくりと優しく撫でるぐらいで動かしていきます。いきなり激しくしても快楽ではなく痛みにしかなりません。徐々に撫でていけば膣内もさらに濡れていきます。

濡れて来たら薬指も入れて二本の指で激しくGスポットを刺激します。この時に爪を立てたりはしないように気をつけましょう。なるべく指の腹で行うようにして傷つけないようにしましょう。

Gスポットを刺激する時にズレてしまうと気持ちよくなかったり、抜けてしまうことがあります。ポイントは手を動かすのではなくて手を固定した状態で腕ごと動かすことです。

膣内も濡れてきてビチャビチャ音を立ててお互いに盛り上がってきます。

女性は最初は恥ずかしさから抵抗を覚えますがこの時に男性は『出しちゃって大丈夫!スッキリするから』って伝えてあげてちょっと抵抗を押さえつけるように強引に行いましょう。

抵抗をし始めたら潮吹きが開始されるのでそこからは先に激しく行うようにしましょう。

相手の表情が痛がっていたり、嫌がっていたりしたらちょっと激しさを緩めたりして潮吹きさせようと思ったら男性は冷静に判断行わないといけません。

体質によって全く潮吹き出来ない人もいます。しかし、Gスポットは女性の最もメジャーな性感帯と言えるので気持ちよさはあります。

回数を重ねることで女性も恥じらいがなくなってきますし、潮吹きしやすくなりますので何度かチャレンジしてみてください。

ただし、気をつけなくてはいけないのは女性の中には本気で潮吹きに抵抗ある人がいます。人前でしたくないとか大好きだからこそはしたない真似はしたくないという貞操観念から嫌がる人もいるので本気で相手が拒否の姿勢を示したら止めるようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする